Bodhi Linux インストール・日本語化・設定メモ

OS の入れ替えにあたり、Ubuntu (Gnome) から Xubuntu (Xfce) にするくらいでは、大して高速化・軽量化の恩恵が感じられなかったが、Bodhi Linux というのにしてみたら、圧倒的に動作が早くなった。素晴らしい!

インストールなど行った際のメモを、備忘録として残しておく。

 

◆インストールと日本語化

  1. 下記 URL から Ubuntu 10.04 LTS の日本語化方法をメモして置く
    • http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized
  2. 適当に Bodhi Linux のインストールを完了する。
  3. ログイン後、左下のメニューより、以下を選択
    1. Settings -> All -> System -> Language Support
    2. 『Language & Text』という画面が開くので、『Language』 タブの 『Install / Remove Languages』ボタンを選択し、日本語をインストールする。
  4. ログアウトして再ログイン
    • Enlightenment を再起動できれば何でも良し
  5. 同『Language & Text』の『Text』タブより、Display numbers, … という項目を日本語にして 『Apply System-Wide …』 を押す。
    • これで表示が大雑把に日本語化される
  6. 項番1でメモした日本語化を実施。
  7. 『日本語環境セットアップヘルパ』を実行。
    • Settings -> All -> System -> Japanese Setup Helper
    • 適当にソフトとフォントをインストールする。
      • Acrobat Reader をインストールする場合には、詳細(Details)を開いてライセンスに対する応答を入力すること。
  8. システムの言語設定を日本語にする。
    1. Settings -> All -> Language -> Language Settings
    2. 『Language Settings』という画面が開くので、日本語を選択する
  9. インプットメソッドを設定する。
    1. 設定 -> すべて -> 言語 -> 入力方式の設定
    2. 日本語セットアップヘルパで SCIM をインストールした場合には、ここで SCIM そうでなければ ibus にする。
    3. 設定 -> すべて -> システム -> 言語サポート
    4. キーボード入力に使う IM システムを同じく設定
  10. とりあえず一旦再起動して、お終い。

 

◆Enlightenment 設定メモ。

Enlightenment は、ウィンドウをクリックしても、最前列に表示されるものが変わらない。(タイトルバーをクリックすれば変わるけど)

その様な動作が嫌な場合には、下記を設定する。

  • 設定 -> すべて -> ウィンドウ -> ウィンドウのフォーカス -> ウィンドウをクリックしてフォーカスを移す

 

画面したのツールバー(シェルフと言う様だ)に、いわゆるクイック起動用のアイコンを追加したい場合には、下記の様に設定する。(例として Firefox を設定)

  1. 『Gadget IBar』(すでに Midori とかが登録されている場所)を右クリック
  2. Gadget Ibar -> 新しいアイコンを作る
  3. 以下の様に設定
    • 基本設定
      • 名前:Firefox
      • アプリケーション:バイナリのパスを入力
    • アイコン
      • 適当に選択
    • 一般
      • 一般名称:ウェブブラウザ
      • カテゴリ:GTK;Network;WebBrowser;
    • オプション
      • 『起動通知』にチェック
      • 『メニューに表示する』にチェック

項目として書かれていないものは無視して良いし、カテゴリやらオプションやらも、面倒くさいなら無視して良い。

 

◆OS設定メモ

デフォルトでは、起動時にセーフモード用カーネルの選択などで、10秒ほど待機する設定になっている。せっかくの高速起動がもったいないと思う場合には、下記のファイルを修正すれば良い。

  • /etc/default/grub
    • GRUB_TIMEOUT=10
  • /boot/grub/grub.cfg
    • set timeout=10
      • 54行目くらいにある
      • ミスると起動しなくなるので注意

なお、default ディレクトリにあるのは、grub.cfg が自動生成されるときのパラメータの様だ。

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Subscribe to RSS Feed Follow me on Twitter!