IE8以降では sheet.addRule の引数に大括弧は付けちゃ駄目

どうやら大括弧({, })を第二引数に付けていると駄目らしい。

× : sheet.addRule(‘#id p’, ‘{color:#FF0000;}’);

○ : sheet.addRule(‘#id p’, ‘color:#FF0000’);

なお、文末のセミコロンは、どちらでも問題なさそうだ。

また、Mozilla 系の sheet.insertRule は、付けておく方が正解らしい。

Roguelike Thief Ver 0.0.5 リリースノート

ローグライクシーフ Ver 0.0.5 をリリースした。
前回のリリースノートで、宣言していた部分はすべて未実装だ。スマンありゃウソだった。

変更点は、以下の通り。

  • マルチランゲージ対応
  • 複数メッセージ対応
  • メッセージ表示修正
  • デバッグメッセージ表示修正

 

今回はメッセージ処理に関する部分を重点的に修正した。
マルチランゲージやら何やらは、もう積極的にはサポートしていかないだろう。英語出来ないし。Engrishならサポートしていくかもしれない。(AYBABTU!!)

なお、デバッグメッセージに関しては、今後のリリースより、常時表示するようにした。アップする際に修正するもの面倒だし、処理をだいぶ軽くしたのと、『頑張ってるぞ!』というアピールのためだ。

 

今後(Ver 0.0.6)の予定は、以下の通り。

  • 装備の実装

 

残作業。

  • レベル・マップ生成の実装
  • シナリオデータの実装
  • AIの実装

 

そして最後に、プリセットデータを幾つか追加して、Ver 0.1.0 となる予定。お店(買い物)とかは、その後で。

 

JavaScript の addRule と insertRule をまとめる

2011/10/13 : IE8だと動かないミスがあったので一部修正(addRule の引数部分)

IE とそれ以外のブラウザで一々処理を分けるのも面倒くさいし、CSSがある場合ない場合の処理を分けるのも面倒なので以下の様にすると楽ちん……かも。
head がない場合はもう知らん。


// スタイルシート挿入用共通メソッド addCSS
    var style = document.createElement('style');
    style.setAttribute('type', 'text/css');
    document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(style);
    var sheet = document.styleSheets[0];
    if (sheet.insertRule) {
        sheet.addCSS = function(selector, property, value) {
            sheet.insertRule(selector + '{' + property + ':' + value + ';}', sheet.cssRules.length);
        };
    } else {
        sheet.addCSS = function(selector, property, value) {
            sheet.addRule(selector, property + ':' + value);
        };
    }

Roguelike Thief Ver 0.0.4 リリースノート

ローグライクシーフ Ver 0.0.4 は Ver 0.0.3 と比べて、内部的にはかなりの変更が行われている。しかし、機能や UI レベルの修正はまるでない。(モンスターのスポーン処理なども入っているがまだ仮実装だ)

 

変更点は、以下の通り。

  • インベントリの情報管理を一次元から三次元に拡張
  • オブジェクト重ね処理を修正
  • 時間経過によるターン処理
  • デバッグモードの追加
  • 変数の拡張
  • ステータス表示(構文解析による変数の取得、および関数の実行
  • キーボード入力処理のバグ修正
  • マルチ言語にちょっとだけ対応

 

今後(Ver 0.0.5)の予定は、以下の通り。

  • アイテムの装備処理の追加
  • マップ生成プログラムのバグ修正
  • 階層移動処理の追加
  • 構造ツリーの見直し

JavaScript 用 IDE 『WebStorm』 の設定メモ

IDE は自分好みに染め上げてこそ効果を発揮する。
特に、WebStorm は設定項目がかなり多いことと、日本語化が出来ないので、ある程度、設定をメモっておく。


2.1.2 のデフォルトで、カーソルがフリーモード(行末の次が次行頭にならない)の様な動作をするようになった。Editor の Virtual Space 内に Allow placement of caret after end of line という設定があるので、チェックを外すと戻る。


インスペクション(コード検査)の設定は、以下の様にすると楽だと思う。

  1. 設定からインスペクションを全部有効にする
  2. コードがまっ黄色(警告)だらけになるので、警告不要な部分を探す
  3. 問題のコード上で Alt+Enter (マウスクリックしてほっといても良い)
  4. ポップアップメニューより Inspection XXX を選択して Disable


Windows環境では、 jre が付属されているが、デフォルトの実効ファイルではそれを利用してくれない。そのため、付属されている bat ファイルを利用すると良い。 bat ファイル中に JAVA_HOME を指定する箇所があったはずなので、それを付属されている jre のパスに変えておくと、環境を汚さないので良い。

Linux環境で上手く起動できない時には、機動スクリプト中に WEBIDE_JDK=/usr/lib/jvm/java-6-sun とか書いておけば良い。


Tool Window の Structure は、オブジェクトツリーを見ることが出きるので便利なのだが、しかし超バギーなので、いっそクラス継承による開発(オブジェクトツリーは開発に必須)は止めて、プロトタイプ継承や、部分継承を活用しろってことなのだろう……か?

Subscribe to RSS Feed Follow me on Twitter!